日常の生活から離れ自然に触れる

私はキャンプが大好きです。

普段空気の悪い都会の中で時間に追われて過ごしていると、無性にキャンプに出掛けたくなります。

キャンプの良さはやっぱり日常の生活から離れ、自然の中に身を寄せれば、ほんの一時でも嫌なことを忘れさせてくれるところです。
綺麗な空気のなかでのんびり過ごせば、普段の時間の流れよりゆったりと時間が流れている感じがして、最高のストレス解消に繋がります。

騒がしい都会から離れキャンプ場へ着くと、場所によって川の流れる音が聞こえたり、海の波の音が聞こえたり、鳥のさえずりが聞こえたりします。
これぞ自然のBGM、目をつぶってずっと聞いていたくなります。

かと言ってキャンプに行ってただぼーっとしているわけにはいかないですね。

テントを張って、火をおこして、食事の準備等々。
しかしこれらの作業も、普段職場では腰が重いのにキャンプ場へ来るとなんだかとても嬉しくてテキパキとこなしていきます。
キャンプをしながらの食事は最高です。家で食べるのと大違いです。

かなり大雑把に作ったものでも美味しく感じられます。
やはり自然の中で非現実なところで食事するからなのでしょうか。

大好きなビールも格別で、すぐに酔いが回ってきますがそれもまた心地良いところです。

そして薪を燃やして焚き火をします。
ただ燃える炎を見つめていると 体が浄化されて行くような気がしてきます。

キャンプは人間を本来の姿に戻してくれるような気がします。
それを求めてまたキャンプに行きたくなるように思います!