野鳥たちの姿に心を躍らせていました

早朝戸外から鳥の声が聞こえて来ます。
大概はカラスと雀です。

私は野鳥が大好きでした。
野鳥観察のために双眼鏡を持ったり、カメラを手にして出かけるというところまでは行かなかったのですが、野鳥の姿を見ると心躍りました。

過去形なのは、今都市部に住んでいて、子供の頃の環境にはいないからです。

子供の頃には様々な鳥を観察しました。肉眼での観察です。

カシラダカ、カワラヒワ、シロハラ、アカハラその他たくさんの鳥が自宅の田んぼや土手の上を飛んだり、藪の中を移動したりしていました。

私が好きだったのはカワラヒワです。
スズメより小さな野鳥で、かわいらしい泣き声を上げながら飛んでいました。

私は不思議でした。
カワラヒワが羽根を広げて羽ばたいている時、羽根の一部が透けて見えるのです。

何度も観察しました。羽根の裏側に他より薄い色の部分があるのです。
そこが見える時透けて見えるのだなと気づきました。

一方カシラダカはあまり警戒心のない鳥だったと思います。
近くの電線に止まっていたので、小石を投げてみたのです。
何と命中して、カシラダカは落下しました。
驚いて慌てて落下したところに行きました。羽の付け根が真っ赤になり傷ついていました。
慌てて自宅からマーキュロクロムを持ち出し手のひらで鳥をくるみ、薬を塗りました。
罪の意識でいっぱいになりました。

最も印象的だったのは、家の裏の小さな池の周りの水草の辺りでヒクイナを見つけた時です。
初めて聴く声は不思議な響きでした。

音をたてないように近づいてみました。
水辺の草むらの隙間で動くものがありました。真っ赤な鳥の足でした。ヒクイナが姿を現しました。
ハトより小柄でスリムでした。
私は胸の鼓動を感じていました。

姿を見たのはこの一回でした。
野鳥たちはこのように驚きと、美しさと不思議さを私にもたらしてくれました。
野鳥たちの棲む環境が減少しないよう切に願っています!

バーベキュー大好き|ページランク|工務店ノウハウ|SEO対策|JALカード|生命保険の口コミ|貯蓄|会社設立|arucoco|